クレジットカード審査通りやすくするには?

何度かクレジットカード審査に落ちていたり、職業や収入条件に自信のない人は、クレジットカード審査通りやすいカードに申し込んだ方が良いとされています。審査の仕組み等をhttp://www.card1616.com/shinsa/で詳しく知っておくと、自分に合った申し込み方法やカードも見つけられるでしょう。

クレジットカードの審査とは?

カードの申し込みをすると、必ずクレジットカード審査が行われます。

これは申し込みをした人の本人確認、年収、借り入れ状況などの情報を確認し、信用についてチェックするものです。

各カード会社によって審査項目は異なりますが、基本的な内容は下記のとおりです。

・申込書に不備はないか?

・居住年数、勤務年数、年収が最低ラインに達しているか?

・過去のクレジットカード利用で支払いの遅延などはなかったか?

・他に何枚ものカードでキャッシングをしていないか?

クレジットカード審査を通りやすくする!

クレジットカード審査通りやすいようにする方法は、非常にたくさんのサイトや書籍で紹介されています。

でも既にクレジットカードの支払で遅延履歴を作ってしまったり、何らかの事故情報が存在する場合は、それを撤回することは難しいかもしれません

そんな状態に陥っている人でも簡単に実践できる方法は、申込書の書き方です。

カード会社は申込書を元に審査を行います。

もちろん信用情報機関にも問い合わせをしますが、審査のベースになるのは申込書。

きちんと申込書の記入をすれば、クレジットカード審査も通りやすくなるでしょう。

逆に申込書の記入を適当にしてしまうと、その時点で信用に傷がつくこともあります。

クレジットカード審査通りやすい申込書って?

《嘘ではなく正直に書きましょう》

申込書には年収を書く欄が存在しています。

年収が多い方が、クレジットカード審査が通りやすいイメージがあると思いますが、正直に書かないと信用という点で疑われてしまいます。

年収は10万円から100万円単位で、税込みの額で書きましょう。

「正直に書かなくては…」と焦って、わざと少ない金額で記載する人もいるようですが、自分がもらっている年収をそのまま書けば良いだけです。

 

《記入ミスを防ぎましょう!》

クレジットカード審査の殆どは、職場に電話がくる在籍確認があります。

これは「本人が存在しているか?」というポイントだけをチェックしているのではなく、職場、自宅の住所、電話番号などに間違いがないかを確認する目的もあるのです。

ここで大きな間違いがあると、それも自分の信用を傷つけてしまう結果に繋がります。

丁寧に記入とチェックをしてから申込書の発送や送信を行った方が、クレジットカード審査に通る確率は格段にアップすると言われています。

 

《申し込むカードを厳選しましょう》

クレジットカード審査の場合は、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という考え方は通用しません。

逆に何度もクレジットカードの申し込みをしていると、それだけで審査が不利になる傾向があると言われています。

「短期間に複数回の申し込み=クレジットカード審査に落ちている」というのは、各カード会社だけでなく個人でも予想できることですよね。

自分の信用に傷をつけないためにも、カードが必要な1か月前までに自分が申し込みをするクレジットカード会社を厳選して、丁寧に申込書を書いておくようにしましょう。

審査が通りやすいクレジットカード会社の情報は、インターネット上でたくさん掲載されてます。

自他の情報をきちんと把握していれば、審査が通りやすいというよりも、自分に合ったカード会社を見出せるようになるものです。

勢いだけで申し込みをしても、審査に通る確率はどんどん低くなってしまいますが、きちんと情報を集めて丁寧に申込書を書けば、クレジットカード審査に通る確率はアップするのです。

クレジットカード審査に何度も落ちていると、気持ちも焦ってしまうもの。

でも必ず欲しいクレジットカードだからこそ、慎重に手続きを進めていくことが大事ですね。